社会人になりその後家庭を持ち、それからの勉強は家事に関することでした。
主婦といっても初心者レベルでは料理本を読みながらの日々、ポピュラーな洋風料理とかきちんとしたチャーハンの作り方をマスターしました。

ベーシックな料理とはいえチャーハンの卵プロセスとか、ごはんをどのようにすれば美味しくできるかというのを模索しました。
掃除とか洗濯でも勉強のジャンルですが、スタンダードな勉強としたら通信教育でした。

学校生活の時とはちがい学びの時間は家事をしながら空いた時、掃除とか洗濯を済ませてからテキストを読んだりスロー・テンポでした。

テキストの文章の文字が案外細かかったことと、学生時代から歳月が通過していたので、要点や内容を把握するのに時間を要しました。
その内容をおぼえるにはノートがベスト・アイテム、目次の項目ごとに要点をまとめたり理解する時間を持ちました。

通信では初歩的なプロセスでしたが資格のジャンル、ピンポイントで課題を提出しながら修了まで進みました。
でも課題提出は書面のテスト形式、最近のようなインターネットならよいですがこの点がひと手間のプロセスでした。

40代でしたから進捗はスローでしたが、どのようにか進んで完了しなければと思って勉強しました。

一般的に学びは60代でもベストなジャンルで老化防止に効果があるし、書籍を読んでも知識が増えて思考力がアップするものですね。
だから日々精進と思いながらパソコンしたり、ブログ・ライフしています。