受験勉強はやり方一つで大きな違いが生まれます。
よく耳にする勉強方が、朝型人間と、夜型人間と言う言葉です。
夜何時まで勉強した。
ほとんど徹夜状態になっているなどと、自分は夜型人間だから夜ふかしした方がいいんだと言う人がいます。
しかし、結論からすると、朝から1日中起きていて、頭を使用している訳ですから、夕方には、脳は疲れきっている状態になっています。

そんな状態の時に、受験勉強を始めても、頭に入るのは、ほとんど0に近いという事になります。帰宅して、ご飯をたべたり、お風呂に入ったりして、リラックスした後は、さぁ、机に向かって勉強を頑張ろうとするのではなく、疲労してしまっている頭をリフレッシュする為に、思い切って早めの就寝をする事が一番手っ取り早いのです。
夜の2時間の勉強は朝の1時間で追いつくことができるのです。朝の一時間の方が、頭にスーッと入ってくるのです。
夜中の2.3時まで睡魔と戦いながら勉強したぞという自己満足に終わってしまいます。
その日に起きた出来事を整理するのが、夜の睡眠になっているので、朝起きた時の方が、スッキリした脳になっているので、なんでも新鮮に入ってくるので、新しい事を覚える事や間違いに気づく事ができるようになるのです。
後、試験は朝から始まります。試験の時間帯に力を100%出し切る事がてきるように、朝型に変えていきましょう。